入れない合宿免許
入れない合宿免許
ホーム > コーヒーメーカー > タトゥー(刺青)徐去の体験談⑤

タトゥー(刺青)徐去の体験談⑤

私がタトゥー(刺青)を徐去しよう、と思った経緯は、まずタトゥーは若いころに入れたので、今となっては気持ちなども変わってしまった、ということなどがあります。

 

また、結婚してからは、タトゥーを人に見せたりするのが抵抗があるようになってしまい、この機会に消してしまうことを選びました。

 

そこで、タトゥーを除去した体験談ですが、まず、入れていたタトゥーは二つあり、足首のあたりに天使の羽のデザインのタトゥーをいれていました。

 

とてもシンプルなデザインで、タトゥーに見えないようなシールのようなデザインにしていました。サイズなども小さめで、見えにくいというのが特徴でした。

 

黒色の天使の羽でカラーも入れていないので、ほとんど見えないことが多かったです。

 

タトゥーを消すにあたって、考えたのが、やっぱり消すのなら、最初から入れるんじゃなかったな…ということです。

 

タトゥーは一生の誓いのような思いがありいれるもので、あとから後悔したり、消したりするのならば、やっぱりそれは無駄になってしまうし、体にも悪いので、最初から入れるんじゃなかったな、という後悔の気持ちがありました。

 

タトゥーはクリニックで除去をしてもらったのですが、レーザーはとても痛かったです。特に足首のあたりは皮膚が薄くなっていますので、このあたりは特に痛かった覚えがありました。その後も赤くなってしまうことがあり、冷やしたり、また薬を処方してもらい、そして対処をしていました。

 

日焼けをしないように気を付けたりしなければいけなかったので、そのあたりが大変でした。

 

そして、レーザー治療を繰り返すうちに、どんどんタトゥーは薄くなっていき、そして消えました。完全に消えるということはありませんが、かなり薄くなり、消すことができましたので、良かったと思います。

 

タトゥーを消した心境は少しさびしい気持ちになりましたが、消すことができてよかった方の気持ちの方が大きかったので、大満足しています。

 

ネスカフェドルチェグスト おすすめ